【文献】インフルエンザの家庭内感染を防ぐマスクと手指衛生:クラスターランダム化試験

マスクの有効性について検討した文献のアブストラクトのまとめ3回目.
今回で最後になります.

Facemasks and hand hygiene to prevent influenza transmission in households: a cluster randomized trial. インフルエンザの家庭内感染を防ぐマスクと手指衛生:クラスターランダム化試験

2009年の論文です.

Facemasks and hand hygiene to prevent influenza transmission in households: a cluster randomized trial. 

背景

インフルエンザウイルスの感染を予防する非薬物的な介入方法の有効性は,限られたデータしか手に入らない

目的

手指衛生とマスクの使用がインフルエンザの家族間感染を予防できるかどうかの研究

試験デザイン

クラスターランダム化比較試験,

ランダム化はコンピュータで行い,割り当ては医師やクリニックには明かされず,看護師による最初の世帯訪問時に行われた.
被験者と介入の担当者は割当については盲検化されていない.

環境

香港の家庭

患者

迅速検査でインフルエンザA型かB型陽性の,インフルエンザ様症状の407人の外来患者(index patients)と,
259世帯の794人の世帯員(接触者)が試験に含まれた.

介入

生活の仕方の教育群(対象群,134世帯),手指衛生群(136世帯),医療用マスクと手指衛生の併用群(137世帯)の全ての世態員

測定方法

接触者のインフルエンザウイルス感染は,RT-PCRか7日後の臨床診断で調べた.

結果

259世帯中の60人の接触者(8%)が介入の7日後RT-PCRでインフルエンザウイルス感染で分かった.
手指衛生とマスクの併用,あるいは手指衛生のみにおいてインフルエンザの伝染は減少したが,
対象群との有意差はなかった.

154世帯で介入は患者(index patients)の症状の発症から36時間以内に施行され,
RTーPCRで判明した伝染は減少が見られ,
被験者のマスク使用と手指衛生の併用による効果と思われる感染の減少はオッズ比 0.33(95%信頼区間, 0.13-0.87).

介入の遵守率は様々であった.

限界

患者(index patients)の発症から介入までの遅延と,遵守率が様々であることは研究の有効性を弱めたかもしれない.

結論

手指衛生とマスクは,患者(index patients)の発症から36時間以内に施行すれば,インフルエンザウイルスの家庭内伝播を減少する傾向が見られた.

これらの発見は非薬物的な介入がインフルエンザのパンデミックやインターパンデミックの緩和に重要であることを示している.

まとめ

3編のマスクの使用に関する論文をまとめてきました.
マスクと手指衛生による弱い予防効果を示している論文ばかりでした.
特にマスク単独は非常に弱そうです.

手洗い(うがい)の基本的な予防策を徹底し,
人混みはなるべく避けるが,必要な時はマスクを適切に使用する.
こういった個人にできる範囲でSARS-Cov-2への対策をしていこと,推奨していくことが大切ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました